2017年06月02日

身体を作る飲み物

日々年齢にあらがう肌作りがモットーのアラサー女子です。


肌はその人の生活を如実に表すと言いますが、全くその通りだと思います。


私はもともとシミやソバカスができにくい体質ですが、
毛穴、ニキビ、ニキビ跡が多々あります。


というのも、甘いものやジャンクフードが大好きで、20代前半の頃は
身体のことを考えていなかったり肌荒れしないのもあったので、気にせず
好きなものをたくさん食べていたんです。


家系的に太らない体質だったのでそのせいもあり軽く考えていました。


が、24くらいから生理前には肌が荒れるようになり、真っ白だった肌が
だんだん黒く…くすみがちな肌になって、化粧をしていても脂が浮いてくる、
毛穴が開いている、小さな白ニキビが常にどこかしらにある。


肌トラブルが一気に増え凹みました。


肌トラブルが一切なかった私にとって、肌がこんなにも見た目に影響するもの
だと思わなかったのです。


年齢とともに肌質が変わったんだと受け止め、食生活を改善しようと
しませんでした。


だいたいそのくらいの時期に、グリーンスムージーというものが
メディアで取り上げられ流行り始めます。


カフェ巡りやおしゃれな流行りものが大好きな私は、ダイエットも兼ねて
やり始めよう!と決意しました。


正直野菜を摂る機会もあまりなく、意識しないと食べない面倒くさがりな
私にとって一石二兆でした。


なぜなら好きな野菜と果物をジューサーに放り込むだけ!笑


こんな簡単で手間がかからないなら続けられそう!と踏んだわけです。


だいたい小松菜、ほうれん草、人参、バナナ、リンゴ、イチゴ、
豆乳、きな粉、ハチミツ、水を気分でブレンドして飲むんですが、
これまた美味しい(笑)


特にバナナやきな粉、豆乳は味にコクがでてすごく好みの味になります。


逆にさっぱり飲みたいときはこれらを避けて、水とリンゴやイチゴに
野菜を加えるだけにします。


びっくりしたのは顔色が白くなったこと。


飲み始めて2日くらいでですよ?いかに今まで野菜不足だったか(笑)


そして1番の効果はニキビの減少と脂が減ったことです。


今まで無数にあった小さなニキビやザラザラが一週間ほどで撲滅しました。
化粧ノリが全然ちがいます!


もちろんお菓子やジャンクフードも極力たち、食生活も少しづつ改善していますが、
目に見えてわかる効果があったのでずっと続けています。

【関連する記事】
posted by ダッシュ at 13:00| Comment(0) | ビューティーケア | 更新情報をチェックする

2017年02月21日

美容の為には睡眠を

美容の為に沢山睡眠をとることは、とても大事と言われています。
でも若い頃は、別に寝ていなくても大丈夫だと思っていました。


しかし年齢が上がっていくにつれて、
やはり睡眠時間が大事であることに気付かされました。


寝付けなかった翌日の朝、自分の顔を見ると愕然とします。


肌は荒れて化粧ノリが悪く、今までできなかったクマがくっきりできてしまい、
それが1日中残っている時もあります。


こんな時はお化粧で隠すのが大変です。


なので今は、どんなに忙しくても
最低5時間は睡眠時間を取るようにしています。


あと寝る時間帯も気にするようになりました。


睡眠時間を取れていれば大丈夫かなと思っていたのですが、
やはり夜にしっかりと寝たほうが肌の調子が良いことに気付きました。


前はよくお昼寝をしていたりで夜に眠れない時が多かったのですが、
今は眠くても頑張って起きて夜にぐっすりと眠るようにしています。


そうすると夢を見ないでしっかり眠れて、
朝もスッキリ起きられ肌の調子もバッチリになります。


私だけかもしれませんが、
寝ている時に夢を見てしまうとあまりよく眠れないようで、
結果的に肌が荒れてしまいます。


なので昼間しっかりと体を動かし昼寝はしないで、
ちゃんと朝をスッキリ起きられるようにしています。


スキンケア商品の効果も大切ですが、
やはり生活習慣を見直してちゃんと送ることが大切なんだと思います。


このおかげで、今も肌の調子はいいままです。
これからもこの調子を維持し続けていけたらいいと思います。
posted by ダッシュ at 17:06| Comment(0) | ビューティーケア | 更新情報をチェックする

2016年02月07日

間違いからの始まり

思えば、思春期にさしかかり、ニキビとの戦いが始まったころからスキンケア人生が始まったのかもしれません。

でも、私とスキンケアの付き合いは、いきなりの失敗から始まりました。

ニキビに悩む人は皆そうかもしれませんけども、わらをもつかみたい状態になっています。

早く治りたい。この顔にできていて目立つし、気になってしょうがないニキビ、一刻も早く消えてほしいと思っているわけです。

今、思い起こすと、「待つ」ということができない状態にあるのです。

しかし、スキンケアと長い付き合いになった今は、「待つ」ということは、とっても大切なことだということがわかります。

不調があったら、まずは原因を見極める。そして、手をうってみる。そしてその手が有効なのか、しばらく様子を見て待ってみる。

そんな工程がスキンケアにはとても大切なのです。

しかし、当時の私はそんな待つことの重要性も知らずにニキビとの戦いに右往左往していました。

私がわらをもつかみたくて、頼ったのは、基礎化粧品でした。

マダム向けのリッチな化粧品から、若者向けのニキビ用化粧品、目についたよさげなものは次から次へと手を伸ばしました。

効果がありそうなものをチョイスしましたが、効果があるということは、逆方向にいったときのふりはばの大きいということだと思います。

一向にニキビは改善することもなく、基礎化粧品ジプシー状態が続きました。

今振り返ると、そのジプシー状態がニキビを悪化させていたのかもしれないと思っています。
posted by ダッシュ at 23:02| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする